明珍本舗の匠

明珍敬三

昭和51年
(1976年)
兵庫県姫路市に生まれる
平成6年
(1994年)
東洋大学入学
平成10年
(1998年)
父 52代宗理に師事
平成15年
(2003年)
世界文化遺産 国宝姫路城 伝統薪能のかがり火台を製作奉納する
平成18年~現在
(2006年~現在)
高島屋各店日本の伝統展 実演参加中
平成21年
(2009年)
日本千年企業(老舗企業)の永続の技をキャノン(株)広報誌で各国海外版に掲載
平成22年
(2010年)
GUCCI(グッチオフィシャルブログ)で日本の伝統を受け継ぐ職人に選ばれる
平成24年
(2012年)
世界文化遺産 国宝姫路城 平成の大修理に於いて金具を製作
平成24年
(2012年)
職業奉仕賞 感謝状を受ける
(姫路ロータリークラブ)
平成25年
(2013年)
兵庫県立ものづくり大学校のチタンハンドル製作
(平成25年オープン)
平成25年
(2013年)
世界文化遺産 国宝姫路城 内堀に観光和船の復活(江戸時代)による船釘を作る
(平成25年3月1日 進水式)
平成26年
(2014年)
Japan Expo パリ 参加出展
(伝統文化ゾーン 「EXPOSITION WABI-SABI」)
平成27年
(2015年)
ミラノ国際博覧会 日本館に明珍火箸を展示
平成27年
(2015年)
チタン製火箸風鈴を発表
平成27年
(2015年)
冨田勲作曲「源氏物語幻想交響絵巻」
いずみホールコンサートにて関西フィルハーモニーが演奏に明珍火箸を使用
平成28年
(2016年)
Sony /Taiyo Corporation Manufacturing Videoに明珍火箸が使用される
平成28年
(2016年)
梅田芸術劇場 ミュージカル「バイオハザード」に明珍火箸が使用される

ページトップへ戻る