新しい試み チタンへの挑戦

  • チタン ぐい呑み
  • チタン おりん
  • チタン 鎖

平安時代から続く明珍家は、時代の変遷に合わせ、その技術を時々に求める形に変化させながら伝統を継承してきました。
「金属を焼いて打つ」という本質は変えずに、新たな可能性を見いだすことで活路を開いてきたのです。

いま、また新たな挑戦としてチタンに注目し、製作を始めています。

軽くて錆びにくい特性があるチタンですが、銅の6000年、鉄の4000年という長い歴史を持つ金属と比べると、
人間がチタンを利用するようになってから僅か約100年ほどしか経っていません。

現在もさまざまな用途に使われていますが、まだまだ多様な可能性を秘めています。

チタンは硬く、熱が冷めるのが早いため、鍛造作業は鉄の数倍の手間がかかります。
明珍本舗では、現在チタンの特徴を生かし、料理箸、ぐい呑み、花器、ステッキ、お鈴(仏具)、火箸、火箸風鈴を製作しています。
お鈴(仏具)、火箸風鈴の澄んだ音色は、とても良く響き渡りその余韻は、新しい明珍の音色を感じさせてくれます。

今後もさらに多くの用途の作品を生み出す挑戦を続けていきたいと思います。

ページトップへ戻る